センターチャイ語

f0047826_17594735.jpg

(プリントアウトした問題とよびこ→で配布されていた模擬解答用紙でシコシコやってみた)

センター試験の外国語は英語・中国語・フランス語・ドイツ語・韓国語の中から選択できる。
その中でも英語は本年度からリスニング(50点)が課されるようになり、初年度ということもあって色々とトラブルもあったようだ。他言語の中・仏・独・韓についてはいつからリスニングが課されるかは不明である。

センター試験の例年の受験者の傾向を覗いてみると英語が52万人、中国語が400人であり、問題となっているのが平均点のバラつきである。英語が平均点120点前後なのに対して、中国語は170点と高く、問題の難易度に違いがあるのではないかという疑問視もあがっている。

実際のところ、センター試験中国語のレベルは中国語検定でいうと2級弱であり、英語検定2級のレベルとなんら変わりはない※

※センターのレベルは教科書を逸脱しない範囲で出来ている。英語でいうと英検2級が高校卒業程度のレベルである。再編されたものの、中国語にあてはめても中検2級は同様のレベルとして扱うことができるので、問題の難易度にバラつきがあるとは言い難い、恐らく(笑)

詳細は大学入試センターを参照されたい。

恐らく、英語の平均点が6割前後になるのは受験者数の違いも関係していると見られる。
そんな、センター試験中国語。AccordRも毎年チャレンジしているがなかなか理想の9割を越えることができない(-_-;)


2006年度 外国語(中国語)    河合塾ホームページより


以下、今年の問題の感想です

問題の傾向は例年と変化なし。長文は若干難易度が易化か??
問題文では異なるものを指摘されているのに、正しいものを選んで3*4で12点失点したりと集中力に相変わらず欠けているためにミス連発・・・。

結局は168点と8割弱しかとれなかった・・・・。憂鬱・・・・・・。(-_-;)

センターの配点は一問一問が非常に高いので問題文に集中して落ち着いて解いていけばミスも減るはず・・・。ああ、あの3問間違ってなかったら180で9割やったのにい!!!!!

俺ん中ではまず集中力をあげることが最大の課題です。。。。


[追記]
平均点越えてへんし・・・・・・・・・・・・

外国語 筆記
(200点) 英語 205,270 127.43
(63.71) 200
(100) 0
( 0) 39.85
(19.92)
ドイツ語 55 158.13
(79.06) 200
(100) 57
(28) 40.27
(20.13)
フランス語 109 138.37
(69.18) 195
(97) 39
(19) 39.53
(19.76)
中国語 199 171.69
(85.84) 200
(100) 58
(29) 35.07
(17.53)
韓国語 122 156.70
(78.35) 200
(100) 33
(16) 30.70
(15.35)
[PR]
by AccordR | 2006-01-22 18:01 | 中国語
<< 台湾"牛肉"事情 前健トランスは台湾で大人気!!! >>